スマホで忍者フード

投稿者:
スマホで忍者フード同梱品

「スマホで忍者フード」はスマートフォンのカメラに装着して使える忍者フードです。忍者フードMサイズに、各種スマホに装着できるアダプター+スマホクリップ(2種)を同梱しています。使用方法はこちら。

スマホクリップは装着するスマホ用に2種類を同梱しています。ご使用のスマートフォンに合わせてアダプターを選ぶことができます。

52mm径フィルターが装着できます

アルミ合金製のアダプターは前面に52mm径のネジが切ってあるので、クロスフィルターやNDフィルターなどカメラレンズ用の52mm径各種フィルターが装着できます。

アダプターはリア37mm、フロント52mm

クリップに取り付けるアダプター後部は37mm系のオスネジが切ってあるので、SONY RX0などアクションカメラにも装着可能です。

アダプターを外せば、小型レンズ用の忍者フードMとしても使えます。「忍者フード スマホ版」の詳しい使い方についてはこちらを参照ください。

装着できるスマートフォン

Xiaomi Redmi K30に装着
丸型クリップ(大)

丸型クリップ(大)は、中央に直径20mmの穴が開いています。スマホの端から40mm以内の範囲にレンズ全体がおさまるスマートフォンに装着できます。

丸型クリップ(中)

丸型クリップ(中)は、サイド側に1眼〜3眼カメラを搭載したスマートフォン向けのアダプターです。スマホの端から25mm以内の範囲にレンズ全体がおさまるスマートフォンに装着できます。

一部使用できないカメラ、スマホも

上記2種類のアダプターでほとんどのスマートフォンに装着できますが、「Xperia 1」など、スマホ中央に複数のカメラがある機種については、中央側の一部のカメラが隠れるため使用できません。

上の写真はXiaomi Redmi K30ですが、一番下側のカメラはアダプターが届きません。特に中央にレンズがあるタイプのスマホは装着できないケースがあるのでご注意ください。

Xperia 1では、一番上側のメインカメラには装着できますが、望遠、超広角カメラについてはアダプターが届かないため使用できません。

すき間対策

スマホによっては隙間から光が侵入

クリップ装着で大半の映り込みは防ぐことができます。ただし、①屋内光の状況によっては真横から光が射し込むことで、スマホとクリップのすき間から室内光が入り込む②スマートフォンのレンズのすき間やクリアTPUケースなどケースの材質によって影響を受けるーことがあります。

商品には、すき間対策用の位置調整スポンジテープと、遮光用フェルトテープを同梱しています。お手元のスマートフォンに合わせた調整用に利用ください。

「スマホで忍者フード」の使用方法はこちらで詳しく紹介しています。

スマホで忍者フードの効果

スマホで忍者フードの効果はこんな感じです。室内光の映り込みをきれいに消すことができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です